バーコードシステム_イベント支援

バーコードシステムとは

来場者の情報をバーコードで管理し、データベース化します。

☆ バーコードリーダーで読取るだけで展示会来場者情報をデータベース化することができます。
☆ 名刺情報以外にも、任意で作成できる選択肢もいくつでも紐付可能です。
☆ 会期後は名刺整理からも解放され、情報をもとに営業活動をおこなえます。

【展示会会場でのバーコードシステム利用】

受付でのバーコードシステム(主催者)

登録受付カードは名刺を添付して使用します。
カード上部は会場内のバーコード付きの入場証となり、
カード下部は管理用(入力用)として使用します。

 

出展各社ブースでのバーコードシステム(出展者)

各ブース来場者の入場証のバーコードを読取ります。
事前に来場者に聞きたいことを決め、専用の”要望コード表”
その回答を登録し、バーコードを読み取ることで人物情報と紐付ができます。

参考ページ:展示会準備_出展目的

 

来場者データベース(出展者)

展示会終了後、バーコードリーダーをネオネットに返却。
後日ブース来場者のデータベースとして納品します。